輸出に出る車

輸出に出る車

輸出に出る車について

中古車や新車は、いろいろな国で需要があります。もちろんトヨタなどのメーカーも輸出していますよね?ただ今回の場合は、メーカーの輸出とは違い、輸出業者による輸出を指します。最近ではかなりメジャーになってきた情報ですが、中古車なども輸出で出ていきます。輸出に出る中古車と言うのは、日本ではありえない買取金額が付く事もしばしばありますね。国によって出て行く車種や年式などは異なります。中には新車価格よりも高い金額で3年落ちの中古車などがオークションで落札されることもあります。どういうこと?とお思いでしょうが、これには関税などの兼ね合いもあり、新車を買うよりも中古車で数年落ちの車を海外に持っていったほうが安くあがる、という現象が起きています。なので新車価格と中古車落札価格がひっくり返ってしまうわけですね。一概には言えませんが、ある国ではワインレッドやモスグリーンといった日本ではあまり人気のないボディカラーの車が人気だったりします。やはり多いのはトヨタ車の1500CCまでの小排気量か、RV、SUV、ハイエースといったところが多いですね。こうした事からも、今乗っている車がたくさん走っているから…とか、人気のない古い車だから…といって買取金額を諦めてはいけません。あなたの愛車もお宝車だと良いですね!

Copyright (C) 車の買取業者の裏側. All Rights Reserved.